ハザードランプの正しい使い方とは?法律やサンキューハザードについても解説

車を運転していてハザードランプを使うべきかどうか迷った、使わなくて後悔したという経験はございませんでしょうか?

この記事ではそんな疑問にお答えするため、ハザードランプの正しい使い方法律の規定などについて、元検察官の法律ライターが詳しく解説してまいります。

ぜひ最後までご一読いただけると幸いです。

 

ハザードランプの使い方に関する法律の規定は?

いかなる場合にハザードランプ(法律上、「非常点滅表示」といいます)を使うべきかは「道路交通法52条」および同法から委任を受けた「道路交通法施行令18条2項及び26条の3第2項」に規定されています。

 

道路交通法

(車両等の灯火)

第五十二条 車両等は、夜間(日没時から日出時までの時間をいう。以下この条及び第六十三条の九第二項において同じ。)、道路にあるときは、政令で定めるところにより、前照灯、車幅灯、尾灯その他の灯火をつけなければならない。政令で定める場合においては、夜間以外の時間にあっても、同様とする。

 

「政令」が道路交通法施行令のこと、「その他の灯火」がハザードランプ(非常点滅表示)のことを指しています。

 

道路交通法施行令

(道路にある場合の灯火)

第十八条

1 (略)

2 自動車(大型自動二輪車、普通自動二輪車及び小型特殊自動車を除く。)は、法第五十二条第一項前段の規定により、夜間、道路(歩道又は路側帯と車道の区別のある道路においては、車道)の幅員が五・五メートル以上の道路に停車し、又は駐車しているときは、車両の保安基準に関する規定により設けられる非常点滅表示灯又は尾灯をつけなければならない。ただし、(略)。

 (略)

 

(通学通園バス)

第二十六条の三

1 (略)

 通学通園バスは、小学校等の児童、生徒又は幼児の乗降のため停車しているときは、車両の保安基準に関する規定に定める非常点滅表示灯をつけなければならない。

 

つまり、法律上、ハザードランプを使わなければならないときとされているのは

 

  • 自動車が夜間(日没時から日出時までの時間)、幅員5メートル以上の道路に駐停車するとき
  • 通学通園バスが幼稚園の幼児、小学校・中学校の児童、生徒らの乗降のため停車しているとき

 

ということになります。

自動車については夜間、通学通園バスについては夜間・日中を問わずハザードランプを使わなければいけないということになります。

なお、自動車が上記の義務に違反した場合は

 

  • 罰金 5万円以下の罰金
  • 反則金 大型車:7,000円 / 普通車:6,000円
  • 違反点数 1点

 

を科されることもありますので注意が必要です。

 

参考:「反則金と罰金の違いとは?検挙から納付までの流れについても解説

 

一般的なハザードランプの使い方

皆さんがよく普段使われるハザードランプは、

 

①「今から駐車します」の意思表示を示すためのハザードランプ

②後方からやってきた緊急車両に「道を譲ります」の意思表示を示すためのハザードランプ

③道を譲ってくれたドライバーに対する「ありがとう」の意思表示を示すためのハザードランプ

 

ではないでしょうか?

 

①のハザードランプは、スーパーやショッピングモールの駐車場で車を後退させる際に使われることから、通称「リバースハザード」とも呼ばれています。

満車寸前の駐車場でせっかく見つけた駐車スペースの近くで待っていても、他車が割り込んで停められてしまったら、と思うと焦りますよね?

そんなときに使う方が多いのがこの「リバースハザード」だと思います。

 

②のハザードランプは、車を運転中に後方からパトカーや救急車がサイレンを鳴らしながら走って近づいてきたときに使われるものです。

緊急車両に対して「道を譲ります」という意思表示となると同時に、後続車に対しても「今から停まります」という意思表示になるかと思います。

そうした意味合いでこのハザードランプを使っている方も多いでしょう。

 

③のハザードランプは、後続車のドライバーに対する「ありがとう」の意思表示を示す意味があるため、通称「サンキューハザード」と呼ばれています。

普段、使っている方も多いのではないでしょうか?

なお、サンキューハザードの代わりにクラクションを鳴らす方もいます。

しかし、クラクションは一定の場合以外は使用してはいけないことになっています。

ここで「そんなこと知らなかった!」と心の中で思ったあなたは、以下の参考記事も併せて読まれてみるとよいかと思います。

 

参考:「クラクションを正しく鳴らす場合とは?罰則、違反点数についても解説

 

サンキューハザードは正しい使い方?

なお、前記①から③は法律で「~してはいけない」などと禁止されている使い方ではありません。

したがって、使ってもよいわけです。

他方で、法律で「~しななければならない」などと義務化されているわけでもありません。

したがって、使わなくてもよいわけです。

要は、ハザードランプを使うか使わないか、ハザードランプを使うとしてどんなときに使うのかは個人の裁量に委ねられているということです。

 

サンキューハザードについても同じことがいえます。

最近、「サンキューハザードをしなかった方が後続車のドライバーからあおり運転を受けた」とニュースの記事を拝見しました。

あおり運転をしたドライバーはサンキューハザードをしなかったことに対して腹を立てた、とのことですが、サンキューハザードは他人から強制されて行うわけではないことはすでに述べたとおりです。

もっとも、人が他人から何かされて素直に「ありがとう」というように、車の世界でもそうした習慣が必要だという専門家もいます。「車を運転すると人が変わる」という経験をされたことはないでしょうか?車は人と人との関係性を遮断する、ドライバーの内面を一気に表面化させてしまう、という特徴があると言われています。そうした車社会の中で、ドライバー同士のコミュニケーションをより円滑に進めるためにもサンキューハザードが必要というのです。

他方で、ハザードランプを使うということは、ハザードボタンに視線が行き、一時的にも運転の注意力が散漫となることを意味しています。その結果、交通事故を起こしてしまったら元も子もありません。

そこで、まずは、ハザードランプは法律上要求されている場合以外は使わないこととし、運転に余裕があるときに限って使う、という心構えでいた方がよろしいかと考えます。

 

まとめ

ハザードランプを使うケースは法令できちんと規定されており、それ以外は無理して使う必要はありません。とはいっても、法令で規定されているケース以外でもハザードランプを使っている方が多いとは思います。その際は、交通事故を起こさないよう、周囲の安全に気を付けながら使うことが大切です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA