飲酒運転の同乗者は何をしたらに罪に問われる?罰則なども解説

飲酒運転している車に乗った場合、その同乗者も罪(同乗罪)に問われる可能性があることは多くの方がご存知だと思います。

しかし、飲酒運転の同乗者がどんなことをやったら罪に問われるのかまでは知らないことが多いでしょう。

そこで、今回は、飲酒運転の同乗罪について詳しく解説したいと思います。

この記事を読んでわかること

  • 飲酒運転同乗罪の成立要件がわかる
  • 飲酒運転同乗罪の罰則、違反点数、行政処分がわかる 

 



飲酒運転の同乗者はどんなことやったら罪に問われる?

飲酒運転の同乗者がどんなことをやったら罪(同乗罪)に問われるか、については、道路交通法の65条4項に規定されています。まずはその規定から確認しましょう。

 

(酒気帯び運転等の禁止) 

第六十五条 

1 何人も、酒気を帯びて車両等を運転してはならない。

2 何人も、酒気を帯びている者で、前項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、車両等を提供してはならない。

3 何人も、第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがある者に対し、酒類を提供し、又は飲酒をすすめてはならない。

 何人も、車両(略)の運転者が酒気を帯びていることを知りながら、当該運転者に対し、当該車両を運転して自己を運送することを要求し、又は依頼して、当該運転者が第一項の規定に違反して運転する車両に同乗してはならない

 

ちなみに、65条1項は飲酒運転(酒気帯び、酒酔い運転)の、同条2項は車両提要罪の、同条3項は酒類提供罪の規定であることがわかります。

車両の運転者が酒気を帯びていることを知っていた

車両の運転者が体内にアルコールを入れていることを知っていた、という意味です。

あなたが知っていたと判断されやすいケースとしては、

 

  • 運転者が酒を飲んでいるところを見た
  • 飲んでいるところは見ていなくても、お酒が提供される場所に一緒に同席した
  • 以下の運転者の状況を見た、感じた

・運転者の呼気からアルコール臭がした

・運転者がいつもより気が大きくなっていた

・運転者の呂律が回っていなかった

・運転者が嘔吐した

・運転者の足取りがフラフラしていた

 

などという場合です。

反対に、

 

飲酒運転した知人に依頼して、車で迎えに来てもらい、その車に乗ったところ、運転者が飲酒運転で検挙された。同乗者は、運転者から飲酒したことを知らされていなかった。

 

などという場合は、知っていたとは判断されにくいでしょう。

 

なお、知っていたことが必要といっても、運転者が基準値以上のアルコールを保有しているかどうかまで知っていることまでは不要です。

したがって、たとえ、運転者が少量のお酒しか飲んでいない、あるいは、運転者はお酒に強いため、あなた自身は「飲酒運転(酒気帯び運転)になることはない」と思っていたとしても、飲酒検知の結果、運転者の呼気から基準値以上の数値が出た場合は、知っていたのではないか?との疑いを持たれてしまうことがあります。

運転者に対して、車両を運転して自己を運送することを要求、又は、依頼した

「要求」は指示すること、「依頼」は頼むことです。

同乗罪の趣旨は、酒気を帯びている運転者に対して要求又は依頼することによって、運転者の運転しようとする意思を強固にして飲酒運転が助長されるのを防止することにあります。

したがって、はじめから運転の意思を強固にしている運転者から「乗っていくかい?」などと誘われ、「いいんですか?」、「お願いします。」と言って誘いに応じた、というだけでは要求、依頼したことには当たらず同乗罪は成立しません。

もっとも、実際には、運転者と様々なやり取りを交わしているはずです。

そして、(たとえ、明確に要求、依頼していなくても)、そのやり取りを総合的に見ると、同乗者が運転者に対して要求、依頼をしていたと判断されることもあります。

運転者が飲酒運転する車両に同乗した

運転者の飲酒運転には酒酔い運転と酒気帯び運転があります(※)。

同乗罪が成立するには、運転者が酒酔い運転あるいは酒気帯び運転していた車両に同乗したことが必要ということになります。

なお、これまでの解説でお分かりいただけるように、同乗者が酒気を帯びていたかどうかは、同乗罪の成否に関係ありません(同乗者自身がお酒を飲んでいなくても同乗罪は成立します)。

 

※酒酔い運転と酒気帯運転の違い

酒酔い運転とは、酒気を帯びて車両等(自転車などの軽車両を含む)を運転した場合で、その運転した場合に酒に酔った状態(アルコールの影響により正常な運転ができないおそれがある状態)のまま運転することをいいます。

酒気帯び運転と異なり具体的数値は必要なく、運転者の飲酒量、言語、歩行、直立能力等の身体状況、車両等の運転状況などの事情を総合して判断されます。判断するのは第一次的には現場の警察官です。

他方で、酒気帯び運転とは、血液1ミリリットルにつき0.3mg又は呼気1リットルにつき0.15mg以上アルコールを保有する状態で車両等(軽車両を除く)を運転することをいいます。

酒酔い運転の方が酒気帯び運転よりも、交通事故や道路における危険を誘発する危険性が高いことから、その分、罰則が重たいです。

酒酔い運転の罰則は「5年以下の懲役又は100万円の罰金」、酒気帯び運転の罰則は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」です。

 

飲酒運転の同乗者に対する罰則、違反点数、行政処分は?

飲酒運転の同乗者に対する罰則は、

運転者が酒酔い運転し、かつ、同乗者も運転者が酒に酔った状態であることを知っていた場合

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

です。

他方で、運転者が酒酔い運転したものの、同乗者がそこでの認識には至らなかった場合(酒気を帯びた状態との認識にとどまった場合)

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

です。

また、運転者が酒気帯び運転をし、同乗者も運転者が酒気を帯びた状態だと認識している場合、あるいは同乗者は酒に酔った状態だと認識している場合

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

です。

 

以上が罰則ですが、運転免許を持っている場合は、運転者と同様の違反点数、行政処分を受けます。

すなわち、運転者が酒気帯び運転し、アルコール数値が0.25mg以下の場合

13点、免許停止(90日)

で、0.25mg以上の場合

25点、免許取消し(欠格期間2年)

です。また、運転者が酒酔い運転した場合は

35点、免許取消(欠格期間3年)

です(いずれも交通違反前歴がない場合)。

 

まとめ

飲酒運転していないにもかかわらず、それを知って運転者の車両に同乗した場合は、運転者と同等の罰則、違反点数、行政処分を受ける可能性があります。運転者が飲酒運転する可能性がある場合は、代行を呼ぶなどして絶対に飲酒運転をさせてはいけません。

 



Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA