クラクションを正しく鳴らす場合とは?罰則、違反点数についても解説

車のクラクションをどんなときに鳴らすべきか、という点については実は法律にきちんと明記されています

今回は、そんな車のクラクションについて、元検察官の法律ライターが詳しく解説してまいります。

 

クラクションを正しく鳴らす場合

いかなる場合にクラクションを鳴らすかについては、道路交通法という法律の中に規定されています。なお、道路交通法上は、クラクションのことを「警音器」と呼んでいます。

 

(警音器の使用等)
第五十四条 車両等(自転車以外の軽車両を除く。以下この条において同じ)の運転者は、次の各号に掲げる場合においては、警音器を鳴らさなければならない。

一 左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき。
二 山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区問における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき。
2 車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

以上の規定(特に、道路交通法54条2項)から、クラクションを鳴らしていい(鳴らすべき)場合とは

 

  • 法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合
  • 危険を防止するためやむを得ない場合

 

ということになり、法律上、この2つの場合以外はクラクションは鳴らしてはいけないことになっているのです。

以下、それぞれについて解説してまいります。

法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合

「法令」とは道路交通法54条1項及び道路運送法に基づく旅客自動車運送事業運輸規則のことをいいます。

このうち、日常生活に関連あるのは道路交通法54条1項です。

道路交通法54条1項については上記のとおりです。

つまり、

 

・左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上で道路標識等により指定された場所を通行しようとするとき

・山地部の道路その他曲折が多い道路について道路標識等により指定された区間における左右の見とおしのきかない交差点、見とおしのきかない道路のまがりかど又は見とおしのきかない上り坂の頂上を通行しようとするとき

 

クラクションを鳴らす(べき)場合ということが分かります。

なお、いずれも場合も「通行しようとするとき」と規定されていますから、該当の場所に差し掛かる手前からクラクションを鳴らさなければなりません

 

危険を防止するためやむを得ないとき

危険を防止するためやむを得ないときとは、人(歩行者、自転車・車運転者など)の生命、身体に対する現実的、具体的危険が認められる状況とき、という意味です。

たとえば、

 

車を運転中、進路前方に人が飛び出してきた

対向車線を走っていた車が自車線上に進入してきて衝突しそうになった

 

などという場合がその典型です。

他方で、狭い道路で車とすれ違った際のクラクション、前の車がなかなか発進しないため発進を促す意味でのクラクションなどは「危険を防止するためにやむを得ない」クラクションとはいえません

 

クラクションの鳴らし方を誤った場合の罰金、反則金、違反点数

道路交通法にはクラクションの鳴らし方を誤った場合の罰金、反則金、違反点数も設けられています

クラクションの鳴らし方で反則金、違反点数が科されるのは、

①クラクションを鳴らすべきときに鳴らさなかった場合

②クラクションを鳴らしてはいけないのに鳴らした場合

の2通りです。

なお、①の違反を警音器吹聴義務違反(道路交通法54条1項違反)、②の違反を警音器使用制限義務違反(道路交通法54条2項違反)といいます。

①クラクションを鳴らすべきときに鳴らさなかった場合

罰金、反則金、違反点数は以下のとおりです。

 

  • 罰金

5万円

  • 反則金

大型車:7,000円

普通車:6,000円

二輪車:6,000円

原付車:5,000円

  • 違反点数

1点

②クラクションを鳴らしてはいけないのに鳴らした場合

罰金、反則金、違反点数は以下のとおりです。

 

  • 罰金

2万円以下の罰金又は科料

  • 反則金

3,000円

  • 違反点数

なし

 

なお、反則金と罰金の違いについては「反則金と罰金の違いとは?検挙から納付までの流れについても解説」の記事でわかりやすく解説していますので参考にしてみてください。

 

クラクションを鳴らしたことがあおり運転!?

クラクションの使い方、鳴らし方によってはあおり運転の罪に問われる可能性もありますので注意が必要です

あおり運転の罪とは正確には「妨害運転罪」といいます。

妨害運転罪は、令和2年6月30日から施行された改正道路交通法に規定された罪です。

一般道においては、「他の車両等の通行を妨害する目的」で「当該他の車両等に道路における交通の危険を生じさせる方法」で「10種類の行為」を行った場合に妨害運転罪が成立する可能性があります。

この「10種類の行為」に前述の警音器使用制限義務違反の行為も含まれているということです。

 

一般道における妨害運転罪の罰則は「3年以下の懲役又は50万円以下の罰金」、違反点数は25点で、行政処分は最低でも免許取消し(欠格期間2年)です。

他方、高速自動車道における妨害運転罪の罰則は「5年以下の懲役又は100万円以下の罰金」違反点数は35点で、行政処分は免許取消し(欠格期間3年)です。

 

あおり運転の罰則など詳しいことについては「あおり運転の罰則は?道路交通法の改正についてあわせて解説」の記事でわかりやすく解説していますので参考にしてみてください。

 

まとめ

クラクションをいかなる場合に鳴らすべきか、ということは道路交通法という法律で明確に規定されています。

普段、何気にクラクションを鳴らしている方も、この機会にクラクションの鳴らし方について見直されてみてはいかがでしょうか?

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA