離婚成立を阻止するための離婚届不受理申出とは?申出方法も解説

配偶者が離婚届を偽造したり、あなたが署名・押印した離婚届を配偶者が勝手に提出することによって離婚届が受理され、形式的には離婚が成立してしまうことがあります。この事態を阻止する制度が離婚届不受理申出です。

本記事では、

 

 

☑ 離婚届不受理申出の内容

☑ 申出方法

☑  離婚届を受理された場合の対処法

 

 

について解説してまいります。

ぜひ最後までご一読いただき、参考にしていただければ幸いです。

 

離婚届不受理申出は離婚届を受理されないための制度

離婚届不受理申出は勝手に市区町村役場の戸籍係に離婚届を提出され、受理されないための制度です。

 

離婚では、

 

  • 離婚に向けて話し合いの継続中に話し合いを打ち切る
  • 浮気・不倫した相手が一方的に離婚を成立させたい

 

などという趣旨で、ご自身の意思とは無関係に、相手に離婚届を提出されてしまうことがあります。

離婚届の提出を受けた市区町村役場の戸籍係は、あなたに離婚意思があるかどうかはわざわざ確認しません離婚届の形式的な要件を満たしていることさえ確認すれば離婚届を受理します

そのため、相手に勝手に提出された離婚届を受理されてしまう、という事態が生じ得るのです。

戸籍係で離婚届が受理されると、形式的には離婚が成立します

離婚の要件は①夫婦の離婚意思の合致、②適式な離婚届の提出、ですが、戸籍係では①まで確認しないということですね。

離婚届不受理申出は申出書を役所に提出

離婚届不受理申出は、「離婚届不受理申出書」という書式に必要事項を記入の上、申出する方(申出人)の本籍地又は住所地がある市区町村役場の戸籍係に提出します(病気などやむを得ない理由がない限り、直接出向いて提出するのが原則です(郵送、代理による提出は原則不可))。

 

離婚届不受理申出書の書式は、市区町村のホームページに掲載されていることもありますので、そこからダウンロードして入手することが可能です。ホームページに掲載されていない場合は戸籍係の窓口で直接受け取るか、問い合わせれば郵送してもらえる場合もあります。

 

提出の際は、申出書のほか「身分証明書(運転免許証など)」、「印鑑」を忘れずに持参しましょう。

提出方法等については、一度、役所に確認した方が安心です。

離婚届を受理され、離婚が成立してしまったら?

万が一、離婚届が受理されると形式的には離婚が成立してしまいます。

もっとも、あなたは現段階では、相手と離婚する意思はないのですから、実質的にみれば離婚は無効です。

 

ただ、そのまま事態を放置しておいても離婚は無効とはなりません

離婚を無効とするには、あなたの方から、家庭裁判所に対して離婚が無効であることを宣言してもらうための申立てを行う必要があります

離婚を無効とする方法などに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、よろしければご覧ください。

 

関連記事:離婚届を勝手に出されたら?離婚を無効とする方法などについて解説

 

まとめ

離婚届を勝手に提出、受理されるのを防止するためには離婚届不受理申出を行っておくことも大切ですが、何より、安易に離婚届に署名・押印しないことです。また、一度、署名・押印した離婚届も相手に預けたままにしたり、放置したりせず、離婚意思がなくなった段階で速やかに廃棄することも大切といえます。

離婚届で受理され離婚が成立すると、それを無効とするには手間暇かかります。早めに対策を講じておきましょう。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA