相続放棄で必要な書類は11種類!配偶者、子、親、兄弟姉妹別に解説

相続放棄するには、相続人(相続財産を受け継ぐ方)が、被相続人(相続財産を引き継ぐ人)が死亡した後、3か月以内に、必要な書類を家庭裁判所に提出する必要があります

そこで、本記事では、相続放棄で必要となる書類その書類の必要性などについて解説してまいります。

 

相続放棄で必要な書類【まとめ】

以下のとおり、相続放棄で必要な書類をまとめました(スマートフォン、携帯でご覧の方は、画面を横にすると見やすいかと思います)。

なお、「申述人」とは、相続人のうち、家庭裁判所に対して以下の必要書類を提出して、相続放棄の申述を行う人のことです。

 

申述人

必要書類

配偶者

(又は孫)

(又は祖父母)

兄弟姉妹

(又は甥姪)

①相続放棄申述書
②被相続人の住民票除票又は戸籍附票
③申述人の戸籍謄本
④収入印紙(800円)
⑤予納郵便切手
⑥被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本
⑦被代襲者(子)の死亡の記載のある戸籍謄本

(孫の場合)

⑧被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本
⑨被相続人の子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本

(被相続人の子及びその代襲者が死亡している場合)

⑩被相続人の親(父・母)の死亡の記載のある戸籍謄本

(祖父母の場合)

⑪被代襲者(兄弟姉妹)の死亡の記載のある戸籍謄本

(甥・姪の場合)

参照:相続の放棄の申述|裁判所

 

相続放棄で必要な書類【各論】

それでは、前記で紹介した書類の必要性などについて解説してまいります。

①相続放棄申述書

以下のとおり、書式、記入例を、裁判所のホームページから引用していますのでご活用ください。

 

相続放棄申述書(書式)

相続放棄申述書(記入例:申述人が20歳以上の場合)

相続放棄申述書(記入例:申述人が20歳未満の場合)

 

記入は比較的簡単ですが、注意すべき箇所は「申述の理由」の「相続の開始を知った日」です。

なぜなら、相続放棄(相続放棄申述書等の家庭裁判所への提出)は、相続の開始を知った日から3か月以内に行わなければならないからです。相続の開始を知った日が具体的にいつなのか、については以下の記事でも解説しています。

 

参考:相続放棄できるタイミング、期間は?相続人別に詳しく解説

 

②被相続人の住民票除票又は戸籍附票

相続放棄は「被相続人の最後の住所地を管轄する家庭裁判所」に対して行う必要があります。

管轄の裁判所をお知りになりたい方は、以下の裁判所のホームページのでご確認ください。

 

参考:裁判所の管轄区域

                                                                                                                  

住民票除票又は戸籍附票は、相続放棄が管轄の家庭裁判所になされたかどうかを確認するための書類、ということになります。

③申述人の戸籍謄本

申述人の戸籍謄本は、申述人がそもそも相続放棄できる人(相続人)かどうかを確認するための書類、です。

相続放棄できるのは、被相続人が死亡した際の「相続人(相続権を有する人)」で、民法では以下の順で相続人となると定めています。

 

【相続人の順位】

第一順位:子(ただし、被相続人の死亡時に子が死亡している場合は、その子(孫))

第二順位:被相続人の直系尊属(父・母、祖父母)

第三順位:兄弟姉妹

※配偶者は常に相続人となります。

※被相続人の死亡時に子(又は孫)がいなければその直系尊属が相続人、直系尊属もいなければ兄弟姉妹が相続人となります。

※配偶者、子が相続放棄した場合は直系尊属が相続人となり(相続権が移り)、直系尊属が相続放棄した場合は兄弟姉妹が相続人なります。

 

戸籍謄本は、本籍地(住所地ではない)がある市区町村役場に請求して取り寄せる必要があります。

配偶者と子は、通常、同じ戸籍に記載されていますので、配偶者、子ともに相続放棄する場合は1通の戸籍謄本で足ります。

④収入印紙(800円)

申述人1人につき800円です。

収入印紙は相続放棄申述書に貼付します。

⑤予納郵便切手

裁判所の書類の郵送に使用ための切手です。

必要な郵便切手の種類、枚数は各家庭裁判所によって異なります。

申述書を提出する家庭裁判所にあらかじめ問い合わせて確認しておきましょう。

⑥被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本

被相続人が死亡したこと及び被相続人と申述人との関係性(相続人であるかどうか)を確認するための書類です。

配偶者が申述人の場合は、通常、「申述人(配偶者)の戸籍謄本」で被相続人の死亡と関係性を証明できますので、あたらためて「被相続人の死亡の記載のある戸籍謄本」を取得する必要はありません。

子が申述人の場合も同様です。

⑦被代襲者(子)の死亡の記載のある戸籍謄本

代襲(相続)とは、被相続人が死亡した際に、すでに本来相続人となるべき人が死亡しているものの、その人に子がいる場合はその子が被相続人の相続人となることをいいます。たとえば、夫、妻、子、孫の家族構成で、夫(被相続人)が死亡した際に、すでにその子(本来の相続人)が死亡していた場合、子の子、すなわち被相続人から見た孫が被相続人の相続人となります。

この場合、孫(=相続人=代襲者)が相続放棄する場合は、孫が被相続人の相続人であることを証明するために、被代襲者(子)の死亡の記載のある戸籍謄本が必要となります。

⑧被相続人の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本

この戸籍謄本が必要なのは、被相続人に子がいないことを確定させるためです。

仮に、被相続人に一人でも子がいた場合は、被相続人の親(直系尊属)や兄弟姉妹は相続人ではなく、まだ相続放棄できる段階ではない人、ということになります。

被相続人に子がいるかどうかは、被相続人の出生までの戸籍を辿ってみなければ最終的に確定させることができません。被相続人に隠し子がいる可能性もあるからです。

⑨被相続人の子(及びその代襲者)の出生時から死亡時までのすべての戸籍謄本

この戸籍謄本が必要となる理由も前記と同様です。

すなわち、被相続人の親が相続放棄する(相続人となる)ためには、被相続人の子(代襲者がいる場合はその子)がいないことを確定させることが必要です。

⑩被相続人の親(父・母)の死亡の記載のある戸籍謄本

被相続人の祖父母が相続放棄するには、被相続人の親が死亡していることが条件です。

⑪被代襲者(兄弟姉妹)の死亡の記載のある戸籍謄本

被相続人の死亡時に、本来であれば兄弟姉妹が相続人となる場合(被相続人の死亡時に配偶者、子、親がいない場合など)に、すでに兄弟姉妹が死亡しているものの、兄弟姉妹に子(被相続人から見た甥、姪)がいる場合は甥、姪が被相続人の相続人となります。

したがって、その甥、姪が相続放棄する場合は、被代襲者(甥、姪の親)の死亡の記載のある戸籍謄本が必要となります。

 

相続放棄の必要書類の提出方法

相続放棄の必要書類の提出方法は、

 

  • 家庭裁判所に直接持参する方法
  • 家庭裁判所に郵送する方法

 

の2通りがあります。

前者のメリットは、書類に修正が必要な場合、不備がある場合は、受付担当がその場で指摘してくれることがあり、その場で修正ができる、という点です。デメリットは、平日の裁判所の開庁時間内に持参しなければならない点です。

後者のメリットは、家庭裁判所へ脚を運ぶ手間を省けるという点です。デメリットは、仮に修正が必要な場合、不備がある場合は、後日、裁判所へ脚を運ばなければならない点です。

上記のメリット、デメリットを踏まえた上で、都合のよい方法を選択しましょう。

 

相続放棄に弁護士に依頼しなくても自分でできる?

相続放棄の書類の取り寄せ、作成、提出自体はご自分で行うことも可能です。特に、申述人が被相続人の配偶者、子という場合は、取り寄せる書類も少なく、ご自分でできるという場合も多いです。

 

他方で、申述人が被相続人の親や兄弟姉妹という場合は、被相続人の出生まで戸籍を辿る必要があることから、そもそも戸籍を読み解くための知識を身に付けていなければならず、場合によっては取り寄せる戸籍謄本も多くなるなど、手間と時間がかかります。したがって、こうした作業が面倒だと感じる方は弁護士に依頼すべきといえるでしょう。

 

その他、相続放棄について弁護士に依頼すべき場合としては、

 

  • 相続放棄すべきかどうか迷っている場合
  • 相続放棄ではなく限定承認、単純承認することを検討している場合
  • 書類の取り寄せなどが面倒、手間をかけたくないと考えている場合
  • 相続放棄の期限(3か月)が迫っている場合
  • 相続放棄の期限が過ぎてしまった場合

 

です。

相続放棄するということは、被相続人のマイナスの財産のほかプラスの財産も手放すことになります。マイナスの財産が多いからといって、必ず相続放棄すべきともいえませんので、判断に迷ったら、まずは弁護士に相談してみることが一番です。

 

まとめ

相続放棄で必要となる書類は、申述人が配偶者→子(又は孫)→親(又は祖父母)→兄弟姉妹(又は甥、姪)となるほど多くなり、手間や時間もかかります。書類の取り寄せや提出はご自身で行うことも可能ですが、そもそも相続放棄すべきかどうか分からない、書類を取り寄せるのが面倒だなどという場合は、弁護士jなどの専門家に依頼するのも一つの方法です。

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA